2006年02月28日

思いやりに欠けますよ /jun

昨夜の話ですが、会社の先輩がなかなか厄介な事をしてくれていました。
「お前はjunの結婚式行くの?あ、呼ばれてないんだ」
と本人に聞くというようなことを数人に聞いて回っていたのです。

結婚式に呼ばない人の中には、直属の上司(一応)や
僕を結婚式に呼んでくれた人などもいます。
だけども、私的な事情が絡んで呼べないわけです。
そんな人に直接、僕もいる前で呼ばれていない事実を確認する彼。
非常に心苦しくて居心地悪かったです。
本人は全然悪気があってそういうことをしてるわけじゃないと思うんですけどねぇ。

後輩がこっそりと「ああいうの、きついですね」と言ってくれたのがまだ救いでした。
posted by jun & しおん at 21:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

旅を終えて /jun

静岡から帰りました。
旅中に報告できなくてすみません。

非常に有意義な3日間でした。
やっぱり興味のあることについて勉強するのは楽しい。
例え困難な結果を要求されるプログラムでも、
それを組んでみせようと頭を抱えて悩み、
最終的にそれを成し遂げプログラムが動いた瞬間は
「俺ってすげー」という快感を味わえます。
この喜びこそ技術者、職人、クリエイターとしての醍醐味ですね。

先輩との二人旅だったわけですが、
プログラムについては切磋琢磨し合えたし、
夜はオリンピックのスノボクロスに熱くなりつつ、
鍋と酒でビジネス、プライベートに関する意見を交わしあえました。

しかし頭も身体も疲労してるのは事実っぽいので、
帰ったらとりあえず彼女にただいまを告げて
休もうかなと思います。
posted by jun & しおん at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

先輩とふたりきり /jun

うちで販売しているシステムのバージョンアップ版がリリースされるらしく、
その関係でプログラマーである僕は今日から
2泊3日で、静岡へ出張研修に行きます。

先輩と二人、何もない三島の町への旅。
どうなることでしょうか。
また旅中に報告できたらします。
posted by jun & しおん at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

プロ意識 / しおん

定時後にわざわざ本社へ帰社して行う、月1回でのミーティング。

集合時間は19:30、事前に周知はある。

19:30現在、俺含めて4名。35名中4名のみ時間通りに到着。
来ない奴の中には、あらかじめ連絡している人もいれば、こっちから電話して「すいません、今日は現場都合でこれません」といって来ない奴もいる。まぁ、連絡すらも取れずに参加しない強者もいますが。

話は変わり、会社で中堅社員に対しての研修があった。

5人チームの中で1人欠席。ぶっちゃげ仮病との噂。で、その中の1人はディスカッションに参加しないで偉そうに人の意見にのみいちゃもんをつける。

そして、結局ディスカッションは時間内に終わらなかったので日を改めて行うことになる。

その日の集合時間は19:30。時間内に到着したのは俺含めて2人。

1人、「現場の都合」で欠席
1人、「21:00ぐらいにきます」とのこと
1人、「30分遅れます」だって

30分遅れの人にボソッと俺が一言。「結局、時間通りに集まらないね」

ソイツ「仕事なんだからしょうがないでしょ!」と、逆ギレ

ちなみに、ディスカッションは22:30過ぎまでやりましたが「21:00ぐらいにきます」って言った人はきませんでした。もちろん、連絡もなしね。

ついでにいうと、事前課題を提出しているのは5人中2人です。もち、俺は出してますよ。

作り話ではない本当の話。

これが、『社会』って奴です。

時間に遅れても、他に誰かが遅れていればそれでいいのです。
やる気がなくても、同じチームの人が何とかしてくれるのです。
本社に帰るのが面倒になったら「現場の都合」と言えば行かなくて済むのです。

高校のときの担任が言っていた言葉が身にしみる。

「正直者が馬鹿を見る世界」

まさしく、今俺が立っている現状。

こんな会社を選んでしまった自分にも非があるのだけれども、あまりにも酷すぎると感じる今日この頃。

そんな荒んだ日々の中、ふとテレビを見ていたら竹中平蔵氏がでていた。

「これからの日本は、プロフェッショナルが必要です」

みたいな事を言っていた。何か妙に心を動かされた一言であった。

で、この一言でだいぶ決心が固まった。

今の会社でくすぶっていてはそのうち俺も腐ることだろう。もっと高いプロ意識を持つ企業を探して、自分の力を試したい。

なんて、熱い話を面と向かって真面目に話せる人が身近にいないので、ブログに書いてみたりする。

最近良く言われるのだが、俺って「職人タイプ」なんですね…
posted by jun & しおん at 00:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月10日

歩合給 /jun

僕の仕事では毎月歩合給がつく。
歩合なので当然変動はするが、平均して4〜8万円くらいは月にもらえる。

続きを読む
posted by jun & しおん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

対極の思惑 / しおん

今日はマジメな仕事の話。

退屈になるかもしれないし、何言っているかよくわからない文章かもしれないので、興味あるかただけ読んでいただけるとうれしいです。

続きを読む
posted by jun & しおん at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

広告デザイン案採用 /jun

会社で新しい企画キャンペーンが始まるため、
その広告となるチラシのデザイン案を社員から募集。
募集というか社員全員強制提出なのだが、こういう企画は
個人的に好きなので気合を入れてデザイン考案。
そして投票の結果、他の50人の社員を蹴散らして見事採用!
賞金3万円をゲットしました。結婚資金の足しになるかな。
彼女にも「よくやった!」と褒めていただけました。
posted by jun & しおん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月04日

有給休暇申請 /jun

彼女が7月で仕事を辞めることにしたらしい。
今の職場じゃ俺と休日が合わなくて、結婚準備なんてできたもんじゃないからね。
というわけで、7月頃から僕らは本気で動き始める事になるだろう。

しかしそれでも、準備を始めるのが遅いくらいだ。
僕らが予定している3月頃は結婚シーズンだし、人気のある式場なんかはもう
予約が取れなくなってしまっているらしい。式場だけでも早めに決めなきゃ!
というわけで、僕が休みを合わせてなんとか6月中に式場見学に行く事にする。
で、上司に有給休暇届けを出そうとしているわけだが…
出そう出そうと思い続けて早5日。だ、出しにくい…。

というのも、今はウチの課は忙しい時期だし(今に限ったことじゃないかもしれないが)、
僕個人も重要な仕事をこないだ任されたばかりだし…。
申請してもダメって言われる可能性大だよなぁとか思ってしまう。
有休ってのは権利だから、遠慮せず使うべきである。
その理屈は分かっちゃいるんだがそうもいかないのが現実。
それでも、彼女をガッカリさせちゃいけない。
その一心で勇気を出して本日、理由欄に「結婚準備のため」と書いて有休届けを提出。
しばらく上司が黙っていたので「ダ、ダメですか…?」と恐る恐る聞いたら
「いいよ、しょうがないな」との返事。
しょうがない、って言い方も腑に落ちないがとりあえず安心。
さっそく彼女に連絡したら、喜んで式場に見学の予約を入れていた。
というわけで6/29、式場見学に行ってまいります。
posted by jun & しおん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月05日

オシャレデスク /jun

先日僕は「係長心得」という役職に上がり、プログラム課に
配属になったことで我が社ではちょっとした席替えが行なわれました。

部下を見渡せるような位置の席になった僕はちょっと正直嬉しくなっている。
そんなわけで、席が新しくなったこれを期に、
僕の机をオシャレデスクに改造する計画を立てました。
まずは恥ずかしいくらい乱雑になっていた机の中を整頓。
いらないもの、使わないものはどんどん捨てましょう。
おや、こんなところにインクの切れたボールペンがありました。
捨てましょう捨てましょう。
おや、こんなところに今ここにあってはならない提出書の類がありました。
捨てましょう捨てましょう。

非常にすっきりして、一見「デキル男」の机っぽくなりました。
オシャレデスクといいつつ今はまだようやく常識的な机に戻ったに過ぎないが、
あとは暇なときにロフトやらハンズやらでオシャレなデスクワークグッズなどを
購入してくるつもりです。楽しみだなぁ。
そんなことを彼女に話したら「豚グッズで埋め尽くそう!」と言われました。
それは果たして、「デキル男」の机に見えるだろうか。見えないだろう。
posted by jun & しおん at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月09日

悩みの種 / しおん

今の職業はプログラマー。将来はSEになって、「どんな仕事をしているの?」と聞かれたときに「○○っていうやつあるでしょ?あれの元を作っている仕事だよ」と、簡単に説明できるようなメジャーなシステムを構築するのが夢だったりする。

プログラムを作って、テストをしてという一連の作業は嫌いではない。でも、そろそろステップアップしたいなと思い始めている。

世間一般的には「SEになる」というのは、プログラマーとしての経験を5年近く費やさないといけないらしい(と、昔きいた)。俺はせいぜい2年弱の経験…でも、もう今の現場でプログラマーとして学べることはないと思う。まあ自分自身を過大評価するつもりはないが、もうちょっと上流段階の仕事をしても人並みにこなせる気がする。

〜一日の流れ〜
1.仕事で作っているシステムの変更箇所が書かれた仕様書が手元に届く
2.それを元に管理表を作る
3.その仕様書が差し替え版であれば、差し替え前と比べて修正が発生するかを分析する
4.修正が発生するなら、プログラムを実際に修正する
5.修正後のプログラムをデバッグする
6.デバッグが完了したら、テストパターンを想定してパターン表を作成する
7.テストデータを作成し、テストデータ管理表を作る
8.テストを実施して、完了・修正・途中の度合いを管理表にまとめる
9.日々の進捗を報告するために、問題点一覧表を作成する

…今、うちのチームで作成している管理表の8割近くは俺が作成したものだったりする。まあ俺がA型で結構マメな性格だからいろいろと作っちゃうという悪い癖があるんですがね…

でも、これだけこなせるならSEになれるかな?と密かに思い始めている今日この頃。

って、なんだかよくわからない文章になってしもうた…
posted by jun & しおん at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月03日

仕事への意識。 /jun

僕は今まで社内で「インストラクター課」に配属されていて、
プログラマーの作成したソフトの使い方を顧客に指導する仕事を主としていた。
でも最近は自分でソフトを作れるようにもなってきて、ソフト作成の実績をチョコチョコ
挙げていたので今月から正式に「プログラム課」に配属されることになった。

そして同時に昇進。「係長心得」という役職に就きました。
昔から思っていたが、不思議な役職名だなぁと思う。
それはさておき、役職も上がり正式にプログラマーになったことで
更に新しい仕事が増え、重圧も圧し掛かる。
帰りは遅いしめんどくさい事も多いし、辞めたいなぁと昔は常々思っていた。
けど最近はこういう環境に慣れたのかそれともやり甲斐が出てきたのか、
よほどのことが無い限り僕はここで働き続けようという気になっている。
社内の腑に落ちないルールなんかは、いつか僕がもっと
上に立ったときに変えてやればいいやとさえ思っている。
なんかやけにがんばっちゃってるなぁと自分を俯瞰で見るとちょっと恥ずかしいけれど、
他人の目には悪く映る姿ではないだろうから、まぁ、これでいいんだろうなと思う。

そうは言っても、明日も会社だという事実はいつも嫌なんだけど。
posted by jun & しおん at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。