2006年03月16日

FF12プレイ日記2:名曲より始まる /jun

シリーズ化された人気ゲームには少なくとも1曲や2曲、
誰でも知り得るような有名曲やメインテーマが存在する。

ドラゴンクエストの序曲のマーチなど言わずもがな、ドラクエを
やったことのないような人でもドラクエの曲だと分かるだろうし、
ファミコンのスーパーマリオの1-1のBGMなども
「いちゲームのBGM」という枠を超えたポピュラーさを持っている。


続きを読む
posted by jun & しおん at 22:52| Comment(17) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FF12プレイ日記1:はじまりの前に /jun

おかずの中に好物があったら、僕はそれを最後に食べる。
僕という人間はどうやら、好きなことをできるだけ後に
引き伸ばして堪能する傾向がある。
そのような僕の習性は、楽しみなゲームを
目の前にしたときにも例外なく働く。

続きを読む
posted by jun & しおん at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

「聖剣伝説DS 」購入 /jun

発売日の午前中に購入。
ちなみに同時発売のニンテンドーDS LITEはその時既に完売してました。

聖剣伝説シリーズは全部プレイしてます。
プレイしてるのですが、一個もクリアはしてないです。
全部面白いんですけどね、自分がアクションRPG苦手だからですかね…。

だから今回こそクリアしようと意気込んではいるのですが、いかんせんプレイする時間がない。
しかも相変わらずアクション苦手です。

更に来週にはいよいよFF12発売です。
ファミ通のクロスレビューでは40点満点がついたそうです。

あぁ…超楽しみ。
あぁ、でもますます聖剣が進まなくなる…。
posted by jun & しおん at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

どうぶつの森で彼女は /jun

明らかに僕より彼女の方がはまっています。嬉しいことです。
彼女は普段ほとんどゲームで遊んだりしないけど、
やっぱりゲームを趣味の一つとする僕にとっては、
彼女もゲームをしてくれると嬉しいです。
ちょっとでも趣味を共有できるわけですから。

そういう意味で、この「おいでよ どうぶつの森」や
「逆転裁判」シリーズは
素晴らしい作品だなぁと思います。
普段ゲームを楽しめない人をも楽しませる力を持ってる。

特にDSのソフトはそういう力を多く持ってますね。
「えいご漬け」なんかも彼女の興味をひいてます。
3/2にはDS Liteというのも発売されますが、
それすら購入してくれそうな勢いです。今の彼女は。
DSがウチに2台存在するようになるかも。

さて、「どうぶつの森」では現在彼女は模様替えや着替えを楽しんでます。
「私もう釣りの達人よ!」と言いながら毎日釣りに勤しんでいるようです。

夫、ほっとかれぎみですもうやだ〜(悲しい顔)
posted by jun & しおん at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

名前をつけよう〜MOTHER2プレイ日記 /jun

「MOTHER3」が4/20に発売する。
それまでに、もう一度歩いてみようかな、あの世界を。
そんな思いから、GBA版の「MOTHER2」を再びプレイし始めました。

電源を入れ、タイトル画面でスタートボタンを押した後、このゲームでは
「主人公に名前をつけてください」と指示が出る。多くのRPGがそうだけど。

僕は野球帽をかぶり、リュックを背負った少年に「ジュン」と名付けた。
多くのRPGは主人公に名前をつけて終わりだけど、たまに仲間の名前も
自分で決められるRPGもある。「MOTHER」シリーズはまさにそれだ。

大きなリボンをつけた女の子は「ポーラ」、メガネをかけた頭の良さそうな少年は
「ジェフ」、もうひとり、武道の得意そうな少年は「プー」という名前。
いつもは身近な友達の名前をつけたりするんだけど、今回はゲームで決められた名前
そのままでいくことにした。なんとなく、その方がこの世界に移入できる気がしたからだ。

多くのRPGは主人公と、仲間に名前をつけて終わりだ。ほとんどのRPGがそうだ。
ところがこの「MOTHER2」はここで終わらない。
なんとこのあと、犬の名前をつけるように言ってくる。
犬の名前なんか何に使うんだよ、と初めてプレイした時は思ったもんだ。
僕は今回、やっぱりデフォルトの「チビ」という名前にした。

しかしそれでもまだこのゲームでの名前付けは終わらない。
なんとこのあとは、好きな食べ物を入力するように言ってくる。
好きな食べ物なんか聞いてどうするんだよ、と初めてプレイした時は思ったもんだ。
僕は今回、「ギョウザ」にした。ギョウザ大好きだからだ。ニンニクたっぷりがいい。

いやはや、それでもまだこのゲームでの名前付けは終わらない。
このゲームときたら今度は「カッコイイと思うもの」を入力するように言ってくる。
なんだよその曖昧な質問は、と初めてプレイした時は思ったもんだ。
確か昔は「ミスチル」と入れた気がする。今回僕は「カルマ」と入れた。
バンプのカルマという曲が非常にカッコイイからだ。

これにてようやく修了しました、名前付け。
本当に珍しいゲームだ。これほどまでに入力部分の多いRPGもあまりない。
さて、このように名前をつけて僕のMOTHER2は始まった。
続くかは分からないけど、とりあえず日記として残してみます。
それくらい、心に残るRPGであることを僕は知ってるから。
posted by jun & しおん at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「おいでよ どうぶつの森」はじめました /jun

170万本くらい売れてるらしいです。世間的にも稀に見る大ヒットソフト。
このソフトのせいもあってニンテンドーDSは全国的に品切れ状態。
だから僕もついに買っちゃいました。「おいでよ どうぶつの森」。
店の中で30分くらい「マリオカートDS」とどっちにしようか悩んで
パッケージを見比べていたけど、こっちにしました。
「マリオカートDS」も近い将来買うだろうけど。

名前は「jun」にしました。村の名前は僕の結婚式場から拝借して
「レガート村」にしました。ひとつのソフトで4人までプレイヤーを作れるので、
彼女にもやらせてみました。僕と彼女は同じレガート村の、同じ家に住んでます。
家にはローンが残っているので、彼女はそのローンを早く返済しようと、
村中に落ちている花や果物を店に売ってちょっとずつ返済していっているみたいです。
それなりに楽しんでいるみたいです。

僕は今日お店で便箋を買って、それに彼女への手紙を書きました。
そのまま役所の郵便課へ行って、やたら腹立つペリカン女の役人に郵便をお願いしました。
次彼女がゲームを立ち上げた時には、その手紙が届いていることでしょう。
どういう反応をするかな。現実の彼女は。
架空の村での架空の生活。でも、コミュニケーションを取り合うのは現実の人たち。
そこにはプログラムされた以上のイベントが待っているであろうことを予想すると、
非常に楽しみ。いずれはちゃんとオンライン環境を整えたいなぁ。


【NDS】おいでよ どうぶつの森
posted by jun & しおん at 21:33| Comment(1) | TrackBack(1) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

「MOTHER3」キャッチコピー /jun

予告通りほぼ日にて、MOTHER3の情報公開が始まった。

昨日は、テーマ曲とキャッチコピーの発表。
キャッチコピーは、
「奇妙で、おもしろい。そして、せつない。」だそうだ。

奇妙さと、せつなさ。
これほどMOTHERというRPGを適切に形容する言葉もないかもしれない。
あの感覚が、新しい形を成して僕の中に甦るのかと思うと楽しみで仕方ない。

MOTHER2のときの「おとなもこどもも、おねーさんも。」というコピーは
強く印象に残ったけど、今回もそうなるのかな。
posted by jun & しおん at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

「MOTHER3」情報、明日公開 /jun

先日、GBAソフトのMOTHER3の発売日が4/20に決定したと発表がありました。

そして、そのゲームの詳細情報がいよいよ明日より
ほぼ日で公開されていくようです。

MOTHER2はグラフィック、サウンド、雰囲気ともに
ポップで非常に楽しいゲームでした。
その続編であるMOTHER3は、
僕が何年も楽しみに待ち焦がれていたソフトの一つです。

明日、速攻でほぼ日見に行きます。
またCMに木村拓哉起用してくれたらおもしろいのにな。
posted by jun & しおん at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

FF12 ポーション発売 /jun

image/ensemble-2006-02-03T21:29:02-1.jpg

だいぶ前から話題になってるみたいだけど、
スクウェア・エニックスとFF12のライセンス契約を交わしたサントリーから、
清涼飲料水「ポーション」が3/7に発売されるらしいです。
価格は120mlの単品で191円、また100mlボトル+カードの
化粧箱入りセット600円のタイプが発売されるようです。

味は10種類のハーブやローヤルゼリー、プロポリスなどを配合して「HP回復」を意識。
クリスタルをモチーフにした青い瓶に入るとのこと。

カードをコレクションしようとしたら非常に費用がかかりそうなので
挑戦しませんが、単品では買ってしまいそう。FFファンとしては。

しかし…ぶっちゃけ不味そうですね(-.-;)
posted by jun & しおん at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月31日

「FINAL FANTASY XII」予約 /jun

FF4をようやくクリアした僕が今一番楽しみにしているゲームが、
FF12です。予約しちゃいました。8,000円ほど払っちゃいました。
まさか前金制とは思っていなかったのでけっこう痛かった…。

今回のFF12、最初はそうでもなかったんだけど今はものすごい楽しみ。
FF10はアジアっぽい世界観だったけど、今回は古代ヨーロッパやアラビア系の
地中海風。雰囲気的にはFF2やFF4を髣髴とさせる。
更に国家、歴史、政治、軍事が絡む複雑且つ重厚そうな物語。
そういう世界観がすでに魅力的。

システム的にも期待できる部分が多い。街とフィールドの区別はなく、
さらにフィールドに敵がリアルタイムで行動していて、敵に見つかると
画面切換無しに戦闘に突入するシームレス戦闘。
しかも戦闘中モンスターが近くにいるモンスターとリンクして
途中から複数で襲ってきたりする。
あぁ、この臨場感。僕があれだけのめりこんだFF11の流れをちゃんと汲んでいる。
かつてないほどシリアスなFFになりそうな気がするけど、かつてないほど楽しみだ。

ちなみに発売日は3/16。僕の結婚式は3/12なので、FF12を買うことを彼女に話したら
「新婚早々、嫁をほっておいてゲームするのね」と言われました…。

ファイナルファンタジーXII
posted by jun & しおん at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

FFWクリア /jun

先日、ようやくGBA版の「FINAL FANTASY W」をクリアした。
SF版やPS版でもやったことはあったんだけど、なんとなく途中でやめてしまってて。

で、今回の携帯性に期待して購入し通勤時間にひたすらプレイ。
そしてついにクリアした。

おなじみのテーマ曲をバックに流れるエンディングを見ながら感じたのは、解放感。
みんなが絶賛するFF4を、僕もFFファンでありながらまともにプレイしてないことが
今までなんとなく心残りで、そのしこりがやっと取れた感じだ。

実際とても面白くて、通勤時間が待ち遠しくなるほどはまってました。
それにしても、エッジの性格にはちょっと驚かされた。
FF6のシャドウみたいなやつかと思ってたら、あんなに軽い男だったとは(笑)。

今後、FF5と6もGBAに移植されることが決定している。
5もクリアしてないから楽しみだ。6も大好きな作品なので楽しみだ。
いつ発売されるのかなぁ。

【GBA】ファイナルファンタジーIV アドバンス 日本版
posted by jun & しおん at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月03日

「Vana'diel Life」第2回〜ヴァナ・ディールの入り口 /jun

2003年6月26日

FFをプレイするに必要な物はすべて揃っている。
しかし物がすべて揃っていればすぐにヴァナ・ディールに
行けるかというと、そうは問屋が卸さない。
パソコンで何かをする時は、必ずしなくてはいけない作業がある。
そう、インストールである。


続きを読む
posted by jun & しおん at 12:00| Comment(16) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

「Vana'diel Life」第1回〜冒険の準備 /jun

2003年6月22日

FFXIは敷居が高い。
求められる環境にしても費用にしても、従来のFFとは一線を画す。
FFXIが発売されたのは2002年の5月だが、当時の僕はFFXIには
興味がなかった。それまでのFFシリーズは発売の何ヶ月も前から
待ち焦がれて発売日には必ず手に入れていたのに。

その理由はやはりオンラインゲームだからで、「なんかめんどくさそう
だなぁ、オンラインゲームってのは僕には関係のないものだな」という
思いが無意識のうちに生まれていたんだろうと思う。
具体的にどう面倒なのかは分からなくとも、
敷居の高さに気付いていたんだろうと思う。

そんな僕が、発売から一年越しでFFXIに興味を持ち始めた。
興味を持ち始めたら僕は止まらない。
FFXIが動作するだけのスペックを持ち合わせたパソコンを
ネットで注文し、それが今日やっと届いた。あとはソフトだ。

続きを読む
posted by jun & しおん at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

FF11プレイ日記「Vana'diel Life」〜はじめに /jun

ヴァナ・ディール【Vana'diel】:
 剣と魔法と技術が交錯する美しい世界。
『ファイナルファンタジーXI』の舞台。

junが生まれて初めて体験するネットワークゲーム、
ファイナルファンタジーXI(以下FFXI)。
ヴァナ・ディールという架空の世界で生活を始めるjunが
体験するであろう出来事を、抱くであろう感情を
プレイ日記という名目で形に残しておきたいと思いました。
ゲームを未プレイの方にもひとつの読み物として
楽しんでいただけるような内容にしていきたいと思っていますので、
期間限定になるとは思いますがお付き合いください。

junのキャラクター

 ヴァナ・ディールでの名前:pur

 種族:タルタル♂
 出身国:ウィンダス連邦

5.jpg

※このプレイ日記は2003年にjunがホームページ「永遠なる花」で
公開していたものを再アップしたものです。
posted by jun & しおん at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月26日

FINAL FANTASY Z ADVENT CHILDREN / しおん

発売日から、店を回ること10数軒…やっと手に入れたこの1品。

FFシリーズの中でも一番好きな作品なので、定価で即買いでした。

FF7がゲームとして登場したのは、今から8年ぐらいまえだったかな?当時はセガサターンを買っちゃって、発売日当日にはできなかったけど…

肝心の中身はというと…

「すばらしい」の一言に尽きる。

背景とか、人物とか、ほとんど本物に近いし、何よりすごいと思ったのがキャラ一人一人の声がマッチしている点。

日本のCG技術はすごいっすね…

戦闘シーンも迫力あるし、懐かしさもあって音楽とかもすごくイイ。

まだ見ていない人もいると思うからあまり内容は書かないけど、FF7をプレイしたことのある・ないにかかわらず一度見てみることをおすすめします。

FF7、PS2でリメイクしてくれないかなぁ〜ちょっと割高でも、あれぐらいのグラフィックだったら喜んで買いますよ。

PS1のほうでもいいから、FF7またやり始めようかな。前誰かに貸しちゃって戻ってこないから、中古でまた買うかな…でも、同じような考えを持っているやつがいそうだから、この時期はFF7の中古ソフトは1,000円ぐらい値上がりしてそうな予感モバQ
posted by jun & しおん at 00:22| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

『喧嘩番長』 /jun

bantyo.jpg

本作は、ツッパリ、その中でも男の友情に焦点を当てた、
超硬派なツッパリアクションアドベンチャーです。
ライバル高校の番長との壮絶なタイマンや、
喧嘩を通じて芽生える男の友情をこれでもかというほど泥臭く描いています。
また、喧嘩だけでなく、マドンナとの恋模様やバイトや人助けなどを
ゲーム内で楽しむことができます。さらに喧嘩の強さだけでなく、
男としての成長(度量)を計るシステムも採用。こんな時代だからこそ楽しみたい、
そんなツッパリの生きざまがここにあります! −公式サイトより。

なんだか知らないがこのゲームが我が社の一部で流行しており、
不本意ながら僕も興味を持ってると思われたのか、先輩がこのゲームを貸してくれた。

いわゆるバカゲーだろうとなめていたが、やり始めるとハマってしまった。
自分の仲間が他校の連中にやられているところに、「てめぇらそのへんにしとけよ」と
自分が登場するシーンはあまりにカッコよくてシビれた。
ただ如何せん僕はアクションゲームが苦手なのでなかなか進めないのが難点。
あと、人にゲーム借りた時ってちゃんとプレイして感想述べてあげる義務が
あるような気がするから、ちょっと大変だよね…。
posted by jun & しおん at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月18日

ペットご乱心 〜EverQuest2 プレイ日記003〜

ノーラスの世界に旅立って早1ヶ月。無事にアサシンとしての修行を終え、今日も旅をして疲れたので、自分のアパートに戻って床につくことにした。

ガラガラ...



2005.07.16 EQ001.JPG

ペットが布団の上で寝てる…

ペットといっても猫や犬という類ではなく、ファンタジーな世界では有名なドラゴンの子供だったりする…

といっても、しつけはしっかりしないといけないので、ここは心を鬼にしてたたき起こしてみる。

2005.07.16 EQ002.JPG

ぁぁぁ...寝床が、寝床がぁ...

ものの見事に布団が燃やされてしまったので泣く泣く家具職人からベッドを購入

2005.07.16 EQ003.JPG

うーん、見違えるほど高級感あふれるベッドだ。これで毎日の旅の疲れも癒されるってもんだ。

〜後日〜

ガラガラ...

2005.07.16 EQ004.JPG

だから寝てるなっつーの…
posted by jun & しおん at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月18日

愚者の果てに… 〜EverQuest2日記 002〜

EQ2は、基本のクラスからサブクラスへと転職していくのに様々なクエストを受けなくてはならない。ちなみにクエストを達成しないと、Lvがあがらない仕様となっている。スカウトも例外ではなく、"ローグ","バード","プレデター"という3つのサブクラスへと変化するためにクエストを受ける。

街でクエストを受けた時に師匠に言われた一言

『愚者になってこい』

みたいなこと言われました。

というわけで早速…


とある酒場で笑顔を振りまく。
2005.06.18 EQ001.JPG

案の定キレられる。でも、陽気なハーフエルフは必死で場を和ます。
2005.06.18 EQ002.JPG

自分だけがニッコニコ!とりあえずパフォーマンスでも
2005.06.18 EQ003.JPG

マスターが屈服する。急に台詞が冷めるKesry
2005.06.18 EQ004.JPG

もう二度とここでエールを飲むことはないだろう…


顔はニッコニコでも、恥辱に絶えながら次の店へ…
2005.06.18 EQ005.JPG

亭主の熱烈な歓迎に心を躍らせつつ、ご自慢の恋の歌をアカペラで歌ってみる。
2005.06.18 EQ006.JPG

亭主ったら、恥ずかしがっちゃって黒ハート
2005.06.18 EQ007.JPG

ここがサビ、見せ所よ!!
2005.06.18 EQ008.JPG

始めは興奮していた亭主も、しっとりしたバラードを聞いて癒されていく
2005.06.18 EQ009.JPG

とっても大盛況のうちにショーは終了。スクリーンショットにはとっていなかったけど、となりでエールを持ったまま固まっているトロルも感涙していた模様。
2005.06.18 EQ010.JPG

恥辱に恥辱を重ねたKesryは、師匠に認められて"プレデター"となる。

- プレデター -
プレデターは隠密行動と奸智を駆使して獲物をつけ狙う仮借なきハンターだ。暗闇に身を潜めて好機をうかがい、奇襲によって仲間を優位に導く。   〜公式サイトより〜

全然踊ったり、歌ったりする意味ないじゃん!
posted by jun & しおん at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月17日

永遠なる始まり 〜EverQuest2 プレイ日記001〜

非常にごぶさた、片割れの管理人しおんです。

きたる6月16日、とうとうEverQuest2の日本語版がリリースされました。

「EverQuestってなんぞや?」というかたは、適当に検索すればひっかかると思います(笑)

15種類の種族、全く同じキャラは存在しないのではないかというぐらい細部までカスタマイズが可能なキャラクタ。1000以上のクエストと10000以上のアイテムが存在し、このゲームのプレイヤー一人一人が主人公であるMMORPGは一度体験したら虜になります。

EQ002.JPG

これから先どこまでかけるかわかりませんが、プレイ日記を書いてみようと思います。

まずは第一回ということで、簡単に自キャラ紹介。

EQ001.JPG

名前:Kesry
性別:女
種族:ハーフエルフ
職業:スカウト

名前の由来は、なんか語呂がいいからってだけ。なんかの小説でケスリーっていう女性がいるというのを昔聞いたことあるけど、それとは関係がないです。βテストでは、むさいオッサンを作っていたので製品版では女性にしようと思いました。

まだ他にも書きたいことがあるけど、今日はこのくらいで…
posted by jun & しおん at 01:41| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月28日

マリオフィギュア /jun

クラブニンテンドーというものがあります。
任天堂製ハード(GBAやNDS)のゲームを買うたびにポイントが貯まっていって、
そのポイント数に応じて非売品のプレゼントが貰えるというクラブです。
で、僕もせっせとポイントを貯めているうちにかなり貯まったので、
そろそろ何か景品と交換しようと決意。が、正直ろくな景品がないもんだ。
ポケモンのシールやらレターセットやらなんぞ絶対いらないし、
ゲームキューブの限定コントローラなどもあったが僕ゲームキューブ持ってないし。

で、選んだのが「マリオファミリーフィギュア」。
5cmくらいのマリオ達のフィギュアセットだ。これです。
「そんなの貰ってどうするんだ」と問われたら「どうもしません」としか答えられないが、
他のものよりはまだ興味の湧く代物だったのでこれに決めました。
かくして届いたマリオフィギュアだが、思いのほかうちの彼女が大絶賛。
どうやらヨッシーがかわいくて気に入ってるようです。引かれなくて良かった。

ちなみにこれはマリオ、ルイージ、ピーチ姫、ヨッシー、キノピオのセットなんだけど、
キノピオの代わりにクッパが良かった。ていうか、普通クッパだろう。
posted by jun & しおん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。