2005年08月07日

獅子に翼W /jun

今日は初のSOPHIAライブ。
その前に友人がイギリス土産をくれるというのでとりあえずいつものメンバーで集まる。

続きを読む
posted by jun & しおん at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月20日

『Link』 /jun

jacket_m.jpg

アルバム「AWAKE」に続いて早くもニューシングル。
映画「鋼の錬金術師〜シャンバラを征く者〜」のオープニングテーマ。
(ちなみにエンディングテーマは「AWAKE」収録の「LOST HEAVEN」)

全く翳りのない、爽やかで伸びのあるポップチューン。
「DIVE TO BLUE」や「自由への招待」などの明るい曲を作ってきた
tetsuならではの王道だと思うけど、いつもにも増して弾むような曲調で
楽しい気分にさせられる曲、という印象。夏に似合う爽快なナンバーだ。

ほんとリリースラッシュだなラルク、と思っていたが
どうやらここでラルクとしての活動はまた一休みして、ソロ活動へ戻るらしい。
hydeとしての曲も悪くはないんだが、やっぱり個人的にはラルクとしての曲が
好きなのでソロ活動で経験を積んだら早いところ戻ってきて欲しいな。
posted by jun & しおん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月18日

ap bank fes'05 /jun

家を出るともう気候は真夏。
道路沿いに車の迎えが来てくれていた。
良きミスチルファン仲間である会社の後輩だ(後輩と言っても29歳だが)。
これから二人で静岡県まで行く。
そう、今日は待ちに待ったap bank fes'05だ。

続きを読む
posted by jun & しおん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月01日

四次元 / しおん

売ってません…

自宅と駅との間にある某TSUTAYAは品揃えが悪すぎ…

リリース前に売り切れるってどういうことですか!?

なんて思ってたら、ラルクもアルバム出していたんですね。

案の定売り切れてましたが…
posted by jun & しおん at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月28日

『四次元 Four Dimensions』 /jun

B0009F48YU.09.LZZZZZZZ

この瞬間ほど至福の時はないかもしれない。
ミスチルの新譜を初めて耳にする瞬間は、いつもそう思う。
「未来」は甘酸っぱいサビに対してブルース調のAメロと辛辣な歌詞が意外だった。
荒野でのドライブシーンが思い浮かぶ。
「and I love you」は非常に素晴らしい曲。
優しく寄り添うように始まって、徐々に力強く惹き込まれる。
でも僕が今回一番気に入ったのが「ランニングハイ」。
「亡霊が出るというお屋敷を〜」からのくだりが大好きだ。
「ヨーイドン」は分かりやすくてシンプルなポップソング。
タイトルが非常に可愛らしい。ナイーブさと過激さを兼ね備えた最高のシングル。

「and I love you」のPVが収録されてるけど、これも素晴らしい。
足のない犬のインパクトが強い。
「君が好き」や「くるみ」や「ファスナー」のPVもこの「and I love you」と同じ
丹下紘希氏の作品だけど、この人の映像は大好きだ。いつも迫力と透明感が美しい。
posted by jun & しおん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月21日

『AWAKE』 /jun

kscl837.jpg

前作の「SMILE」はアルバムとして好きになれなかったのだが、今回はなかなか。
『覚醒』と名づけられた今回のアルバム、文字通り一曲目の「New World」で
一気に目が覚めてバラエティに富んだ世界へ引き込まれてゆく感覚。
シングルは全ていいんだけど、その他アルバム曲では
「LOST HEAVEN」、「EXISTENCE」、「星空」、「twinkle, twinkle」あたりがお気に入り。
「twinkle, twinkle」の雰囲気には驚いた。
90年代くらいのJ-POPを髣髴とさせる、いい意味での古臭さ。
ラルクが今こんな曲を歌うことが逆に新鮮。
ラルクはやっぱり4人全員作曲できることが最大の強みだろうな。
posted by jun & しおん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月13日

ライブチケット当選×2 /jun

昨夜いつものように何気なくPCのメールチェックをしていたら、
驚くべき内容のメールが2通届いていた。

・プレリザーブ結果通知[SOPHIA]:チケット取れました
・[ap bank fes'05]当選のご案内

…なんだって!?なんだこのダブル当選のご通知は!
そういや1週間ほど前に、チケットぴあからSOPHIAとBANK BANDの
プレリザーブ(優先予約)の申し込み開始の知らせが来てたから、
ダメ元というか軽い気持ちで申し込んでおいたんだった。
それが二つとも当選するとは…一人部屋で「ぎゃあ」と声をあげて驚いてしまった。

SOPHIAのライブは8月の日曜日、西武ドームにて。まだまだ先だな。
チケットは2枚ずつ取ってあったので誰と行くかが問題だったが、
僕の周りにSOPHIAファンと呼べるのは一人しか思いつかなかったので誘ってみたら
案の定食い付いてきた。てなわけでSOPHIAの古い曲なども予習しておけよ、しおん。
ちなみにね、アリーナ席の6列目でした!これってすごいんじゃないの?すごくないの?

さて、当選したはいいが本気で困ってしまったのがもうひとつのap bankフェスのほうだ。
http://www.apbank.jp/fes05/index2.html
このフェスは桜井和寿と小林武史率いるBANK BANDに加え、
MR.CHILDRENとしても出演する野外ライブイベントでありめちゃくちゃ楽しみなのだが、
困ってしまったのは場所と日程である。会場は、静岡掛川市のつま恋というリゾート広場。
遠い。新幹線を使っておそらく3時間弱、交通費も片道7〜8000円かかる。
それに加え僕が当選した日は7/18の月曜祝日、海の日。要するに翌日は仕事である。
このフェスは7/16〜7/18の3日間開催されているもので、実は僕は第一希望7/17(日)、
第二希望7/16(土)、第三希望7/18(月)という形で申し込んでいて、
見事第三希望が当たってしまったというわけだ。一応彼女がすごく行きたがっていたので
誘ってみたが「月曜は仕事休めないので無理」とのこと。そうだよな…。
で、今度は会社の後輩にこの話をしてみることにした。会社には仲の良い
ミスチルファンの後輩がいて、ミスチルライブに行ったことないって言うから
「今度チケット取れたら誘うよ」と以前に話したことがあったので、
「日程厳しいけど、一緒に行く?」って誘ったら
「行きます!車で行けばいいんじゃないですか?僕運転しますよ!」と
激しく喜んで食い付いてきた。そうか、車ならまだ気持ち的にラクかもしれない。
何より後輩のこの喜びよう。せっかく当たったチケットだがオークションにでも出して
一儲けするかな、とかも考えていたがそいつはやめる事にしよう。
てなわけで7月に後輩とap bankフェスへ、8月にしおんとSOPHIAライブへ行ってまいります。
posted by jun & しおん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月25日

Rio Unite 130 /jun

彼女から誕生日プレゼントにもらったのがこれ
いわゆるフラッシュメモリ型のデジタルオーディオプレーヤープレイヤーというやつだ。

5色あってシルバーとネイビーもいいなぁと思っていたんだけど、
結局スカイブルーにした。程よく目立つ方がいいと思って。

で使ってみたわけだが、いいなぁこれ。
本体からUSBコネクタがシュッと出てきてPCに直接接続できて、100曲や200曲
スッポリ入ってしまうし、音質も全然良いし、有機ELディスプレイもかっこいい。
何より小さくて軽いしオシャレ。電池の持ちもいいし。
まだ活用してないけどボイスレコーダーとしても使えるしFMラジオも聞けるし
簡素だがゲームもできるし。こりゃMDプレーヤーはもうお払い箱だね。

しかし、こういうプレーヤーを使うようになって改めて実感しているが、
CCCDってのは困った代物だ。最近はどのアーティストもCCCDをやめるように
なってきているみたいだけど、aikoやラルクやSOPHIAの一時期のCDは全てCCCDで、
これらの曲はデジタルプレーヤーに録音することは不可能となっている。
過去にCCCDで発売した分も、通常版で再発売してくれないかなぁ…。
posted by jun & しおん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月07日

『四次元 Four Dimensions』発売決定 /jun

6/29、ついにミスチルニューシングルリリース!
シングルタイトルは『四次元(よんじげん) Four Dimensions』。
収録曲は
Track 01. 未来 (ポカリスエットCMソング)
Track 02. and I love you (日清カップヌードル「NO BORDER」CMテーマソング)
Track 03. ランニングハイ(映画「フライ、ダディ、フライ」主題歌)
Track 04. ヨーイドン(フジテレビキッズ教育番組テーマソング)
Track 05. ヨーイドン(Instrumental)
更にエンハンスドCD仕様で、『and I love you』のPVを収録。

いろんなタイアップで曲を小出しにしてばかりいると思ったら、
まさかこんな形でリリースしてくるとは。さすがミスチル。
『未来』はシンプルで意外なタイトルだと思ったが、曲そのものは異質。
早口でブルース調のAメロからあのサビへ繋がるとは思わなかった。
格好良いのは歌詞で、女に嫌気が差してくるあたりのくだりが桜井さんらしい。
『and I love you』は1番のみフルで聴いた事があるが、『Hallelujah』とか
『タガタメ』系の壮大な曲っぽい。サビよりAメロの美しさが印象に残った気がする。
『ランニングハイ』は現時点でまだ全く聴いた事がないわけだが、4曲中最も楽しみな曲だ。
この曲が主題歌となる映画「フライ、ダディ、フライ」の公式サイトで
『ランニングハイ』は次のように紹介されている。
「かつてないドライブ感のある楽曲」。期待するなって方が無理だ。
「フライ、ダディ、フライ」公式サイト
『ヨーイドン』はポンキッキの主題歌ということもあって、ポップで
桜井さんのボーカルもあどけない印象。アレンジは『名もなき詩』に近いかなと思った。
歌詞の内容も子供向けっぽく…書かれてはいるが、深読みするとやはり
辛辣なことを歌っているような気がする(笑)。

4曲A面で、オールタイアップ付きで、しかもPV付き。なんだか物凄いものが
頭上に降ってきたという感じだが、僕は喜んでそれに打たれる日を待とう。
2ヶ月以上、ちょっと長いけど。
posted by jun & しおん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月06日

『New World』 /jun

yukihiro作詞作曲の作品がシングルになるのはこれが初めて。
今までhyde、ken、tetsuの3人ともが各々多種多様なシングル曲を作れることが
ラルクの武器だと思っていたが、そこに今回からyukihiroが加わり、
ラルクの底力が更に増した。そう思わせる今回の『New World』。

これでもかってほどのアップチューンで、
サビで突き抜けるようなhydeの高音が非常に気持ち良い。『自由への招待』や
『Killing Me』に比べ、もうひとつ殻を突き破ったような爽快感がある。

個人的には、数多いラルク歴代シングルの中でも
トップクラスに位置する程の出来だ。ラルクらしさ爆発の一曲。
早くも次のシングル『叙情詩』リリースが決定しているが、
こちらは『forbidden lover』系の一風変わった曲らしく、こちらにも大期待。
posted by jun & しおん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月01日

『夢の中のまっすぐな道』 /jun

aikoの6thアルバム。aikoの曲はいつだって聴きこむほどに味が出るものであり、
初聴きでの印象など後になれば全く的外れなものだったりもする。
それでも一応初聴きの感想を述べれば、「とてもきれいにまとまったアルバム」
という印象。それは良く言えば落ち目の無い作品だけど、逆に言えば
ちょっと無難にまとまりすぎかな、と思わされたからだ。

1曲目の『青い光』が持つ、聴き手を惹き込む力はすごい。
6曲目の『恋の涙』は僕にとって神曲。
全体的にジャジーなムードが漂っていて、すごく自然に、
落ち着いて聴けるアルバムだと思った。
でもこれまでのアルバムに比べて、初聴き時のパンチ力は
少し足りなかったかな。

でも心配はしてない。繰り返すが、僕がaikoの曲を初めて聴いた時の印象ほど
あてにならないものはない。いつだってaikoの曲は、時の流れと共に僕の中で化ける。

Amason
posted by jun & しおん at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月15日

『三国駅』 /jun

まだ寒くて実感がないけれど春はもうすぐそこで、
いわゆる「卒業シーズン」というものが目の前に差し迫っている時期。
僕が高校生だったころの2月半ばって、僕は何を考えていたのかなぁ。
もうすでに卒業式を見据えていて、悔いの無い学生生活を送ろうなんて
考えながら暮らしていたんだろうか、それとも先のことなんて考えられずに
ただ純粋に訪れる一日一日を楽しんでいたんだろうか。
そんなことすらも忘れてしまっている今の僕。少し寂しくなった。

aikoの17枚目のシングル『三国駅』を聴いた。
静かで、ちょっと寂しげで、なのになんだかあったかい。
PVはまさにそのものだけど、歌詞も意識されているのか
「卒業シーズン」にピッタリな曲だ。
僕の高校では卒業式にいつもそれっぽい曲がかかっていたけれど、
この曲を卒業式で聴けたらそれはそれは感慨深いものになるだろうなと思った。
ちなみに僕の卒業式の時にはサザンの『素敵な夢を叶えましょう』が
かかっていた。これもすごく良かったけれど。
今年、僕の母校では何を流すんだろうな。いちaikoファンとしてはぜひこれを
流して欲しいのだけど、おそらくオレンジレンジの『花』あたりかなと踏んでいる。
posted by jun & しおん at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月07日

『ファンタスティポ』 /jun

今現在僕が最も素晴らしいと感じている曲、それがこの『ファンタスティポ』。

堂本剛と国分太一が組んだ新ユニット「トラジ・ハイジ」のデビューシングル。
初聴きした時からなんとなく「いいな」とは思っていたんだけど、なんかこの
ちょっと懐かしくも楽しいメロディーとやけにハイテンションな振り付けに
どんどん魅了されてきて、ついにCDを買ってしまいました。
ジャニーズのCD買ったの初めてかも。ちょっと買うの恥ずかしかったよママン…。

でもこれがホントいいんですよ。
企画ものみたいなCDは僕はいつも好まないんだけど、これは特別。
僕は剛と国分2人とも好きなので、その2人が組んでくれたってだけで結構嬉しい。
剛は大のミスチルファンで歌い方も似てる(似せてる)し、
国分もいいやつなのでaikoの彼氏として僕も公認している。
(そこが嫌だっていうミスチルファンとaikoファンもいるだろうけど)

国分の歌声初めて聴いたけど、意外と力強い声で思ったよりうまかった。
それにしても剛は相変わらず歌うますぎるね。彼の歌声は大好きだ。
ソロの『街』なんかも大好きだったけど、もっといい曲をたくさん歌ってくれれば
ソロアルバムもちゃんと買ってあげるのになぁ。
レンタルでソロアルバム聴いた事あるけど曲がちょっと微妙だった。
まぁとにかく、2人で歌うこの『ファンタスティポ』はとてもいい曲。
サビのコーラスも綺麗だし。カラオケでマイクスタンドとパートナーを
用意してくれればダンス付きで歌ってやるぜ、ってな勢いです。
posted by jun & しおん at 23:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月01日

aikoニューアルバムタイトル決定! /jun

3/2発売のaikoニューアルバムのタイトルは
「夢の中のまっすぐな道」
に決定したそうです。
前作までのアルバムタイトルは
「桜の木の下」→「夏服」→「秋、そばにいるよ」→「暁のラブレター」と、
なんとなく季節を示していたんだけど今回はあんまりその辺は
関係無さそうなタイトル。あぁ、ライブ行きてぇなぁ。
続きを読む
posted by jun & しおん at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。