2005年07月18日

ap bank fes'05 /jun

家を出るともう気候は真夏。
道路沿いに車の迎えが来てくれていた。
良きミスチルファン仲間である会社の後輩だ(後輩と言っても29歳だが)。
これから二人で静岡県まで行く。
そう、今日は待ちに待ったap bank fes'05だ。

車の中ではミスチルやらなぜかサンボマスターやらを聞きながら、
歩合給が出なかったことに対する愚痴などを語り合いながら、
途中SAで食糧などを買い込みつつ走ること約3時間、ようやく静岡県のつま恋に到着。

着くなりまずはビールで乾杯。うますぎる。
フードエリアでライブの主旨に則ってオーガニックな食べ物を買って味わいつつ、
ライブまでの時間を過ごす。
ライブ会場に移動して自分の指定位置まで行ってみると、
意外とステージに近いことを知り喜ぶ。
少なくとも今まで僕が見てきたどのミスチルライブの時よりも近い。
そして16:00、ライブ開演。

正直、ミスチル以外のアーティストの時は退屈かなと思っていたのだがとんでもない。
やっぱり芸能人てのはオーラがあるもんで、
大して興味のない歌手の歌にもしっかり引き込まれた。
それに、ほぼ全ての曲に桜井さんがコーラスとして参加するので
ミスチルファンとして飽きるはずもない。
ライブは4時間に及んだのだが、その間立ちっぱなしで歌に聞き惚れていた。
僕が個人的に感動したのはSalyuの曲と、ミスチルの四次元の曲。
Salyuのボーカルには圧倒された。
ランニングハイも少し狂気的なアレンジになっていて震えるほどかっこよかった。
HEROで桜井さんが感極まって涙を流していたのも印象的だった。
後輩はOverで感動したらしく「やばかったです」と言っていた。
彼はこれがミスチルライブ初だから、そりゃ感動しただろうな。

20:00ライブ終了。そこからまた3〜4時間かけて家へ帰るわけで
身体も疲れていないわけがないのだけど、非常に気分が良く盛り上がりっぱなしだった。
本当に素晴らしかった、心の底からそう思えるイベントだったから。
今夏一番の思い出として僕らの心に刻まれるだろうな、と思った。

−セットリスト−
プロポーズ /bank band
ストレンジ・カメレオン /bank band
もらい泣き /一青窈
ハナミズキ /一青窈
VALON-1 /Salyu
情熱の薔薇 /bank band
全力少年 /スキマスイッチ
奏 /スキマスイッチ
虹の彼方へ /スキマスイッチ
ミルク /Chara
光の庭 /Chara
Swallowtail Butterfly〜あいのうた〜 /Chara
昨日のNO,明日のYES /GAKU-MC
マイホームタウン /浜田省吾
Thank you /浜田省吾
家路 /浜田省吾
HERO /bank band
糸 /bank band
優しい歌 /Mr.Children
名もなき詩 /Mr.Children
未来 /Mr.Children
Over /Mr.Children
雨のち晴れ /Mr.Children
ランニングハイ /Mr.Children
I'll be /Mr.Children
いつでも微笑を /Mr.Children
Everything is made from a dream /Mr.Children
and I love you /Mr.Children
overture〜蘇生 /Mr.Children
CENTER OF UNIVERSE /Mr.Children
It's a wonderful world /Mr.Children
to U /Bank Band with Great Artists
posted by jun & しおん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5947869

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。