2005年08月14日

郵政民営化 / しおん

ちょっと旬は過ぎた感があるが、ちと時代の波に乗って書いてみる。

ぶっちゃげ、普段は典型的な若者体質なので政治には疎い。が、なんとなくテレビをつけて採決の瞬間を見ていた。

賛成・反対は人それぞれの意見だから仕方ないにせよ、テレビのアナウンサーの口から発せられた反対派の意見の一部は…


「小泉首相のやり方が強引」


だから反対だそうです。はっ!?こんな理由で反対ですか?学校の生徒会長を決めるような採決じゃないんだから、もっと高い水準での反対理由を考えてくださいよ。といっても、こんな議員を選んだ我々にも問題がありそうですが…

で、俺が一番腹立ったのがこんなんじゃなかった。では何に対して腹が立ったかというと、国の運命を左右すると言っても過言ではないこの採決に対して「棄権・欠席」した議員がいるということ。

我々国民からの税金で給料をもらっているこいつらの仕事は、より良い国づくりのために考えて考えて考え抜くじゃないんかな?

国の一大事に賛成・反対の意見すらできないなんて、もう議員辞めたほうがいいんじゃないですか?あの採決の場よりも重要なことでもあったんでしょうかね…

最後に、否決された後の竹中平蔵氏と亀井静香氏の表情が印象的だった。

竹中氏は、沈痛な表情でこれから先を真剣に考えていたようだけど、
亀井氏は、ニタニタ笑って「これから祝いで飲みにいくか」って表情だった。

あれは単純に否決されただけではなく、何か他に自分の利益につながる何かが守られたっていうような笑いに感じたのは俺の考えすぎなんだろうか…
posted by jun & しおん at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお!久々の書き込みだね。
今回はいやにまじめだね。
でも、今回の採決についてはしおんの意見に賛成だよ。
どうも政治家の「保身」がちらついて頭にきたね。
さて、次の選挙で誰にいれるかな?
Posted by おうおう at 2005年08月14日 16:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。