2005年03月20日

キノコも祝福!ハッピーバースデー /jun

一日目のスキー&スノボを終え、温泉にて疲れを癒す僕ら。
しかし僕ら3人には、これからもうひとつの任務が待っている。
それは、昨日誕生日を迎えたしおんをこのホテルにて盛大に祝おう!という計画。

しおんは前々からドコモダケを気に入っていました。
ドコモダケが好きなのであって、キノコが好きなわけではないはずなのです。
なのに僕らときたら東急ハンズでキノコ人間の着ぐるみを買ってその姿で
お祝いしようと言うのだから僕らはバカだと思います。
晴れてその着ぐるみを着る役に選ばれた僕は一人別室に移動し、着ぐるみを着ます。
…暑い。
もうすぐ友達のA子がホテルにあらかじめ頼んでおいたケーキをフロントから預かって、
この部屋に持ってきてくれるはず。僕は薄暗い部屋の窓際のソファに座り、
ただそれを待ちます。月明かりだけがキノコの僕を照らします。
ガチャリ、と部屋のドアが開く。
お、やっと来たか。そして部屋に入ってきたのはA子…と、ホ、ホテルマン!?
3人が対峙し、硬直する。
「おいこらA子!なにホテルの人連れてきてんだ!てっきりA子一人で来るもんだと
思ってたからこちとらキノコ準備万端で待ってたんだぞゴルァ!!」
なんてことを言うこともできず僕はただキノコの傘でニヒルに顔を隠して
モジモジするばかり。は・・・恥ずかしい。なんだこの耐え難い空間は。死にたい。
A子もホテルマンもいっそ笑い飛ばしてくれりゃいいのに、僕の姿については
触れないようにケーキを部屋に運ぶ作業を義務的にこなしてるからまたキツイ。
もしかしてホテルマンはこの部屋に僕とA子が二人きりで泊まっていて、
これから一風変わったコスチュームプレイを繰り広げると思っているんではないだろうか…
なんてことも僕一人考えてしまっていました。申し訳ない。

そんな偶発イベントを乗り越え、肝心のしおんをケーキとキノコ姿で驚かせる作戦は
一応大成功。爆笑渦巻く楽しい夜が過ごせたと思う。
キノコスーツはひとまず役目を終え、僕からしおんへと伝授。プレゼントしつつ、
「コイツ、こんなのもらってどうすんだろ…」と思った事は言うまでも無い。

あのホテルマンとの遭遇さえなけりゃな…。
頼むから噂広めるなよホテルマン。無理か。
posted by jun & しおん at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
A子とはもしや…わっ私!?
いやぁ〜JUNはなかなかのハンサムキノコだったよ。
Posted by おうおう at 2005年05月07日 00:40
大変だったねあの時は
一般のホテルマンには少々刺激の強い
格好を見せちゃったな

はりきってあんなに早く着るんじゃなかった
_| ̄|○
Posted by jun at 2005年05月08日 15:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。