2005年02月09日

日本 VS 北朝鮮 /jun

僕は普段もそれなりに、人並みにスポーツ観戦を楽しんでいる気でいる。
しかしどうしても試合の始まりから終わりまで見続けたり
実際に観戦に行ったりなどという機会はなかなか持てないために、
大抵はダイジェストを眺めてとりあえずオイシイ場面を抑えて、
結果を知る程度で済んでしまっている。

今日は日本中が注目するであろう、W杯アジア最終予選の日本VS北朝鮮。
珍しく早めに帰宅することが出来たので試合の大部分をリアルタイムで
眺めることが出来た。そして思ったのは、いつもダイジェストを見て
抱く感情とリアルタイムでそのシーンを目の当たりにした瞬間に沸き起こる感情には
埋め尽くしようの無い差の『衝撃』があるということだ。

特に何があるわけじゃない。ただ、ボールを日本側が持った時。
相手のスルーパスが通った時。ボールが日本のゴール側に寄っている時。
そんな何気ない場面にもじわじわとした興奮や悪い予感などを抱いたりして
一喜一憂して、それらがプラスとマイナスの電流のように蓄積していって、
結果ボールがネットを揺らした瞬間に正か負かの強い電撃を僕に走らせるわけだ。

前半、日本が先制点を決めた。先制点とはそこからの試合がまだ長いにも関わらず
非常に安心するものだ。ところがそれが北朝鮮の同点ゴールによって打ち崩され、
そこからの試合展開はまさにバランスの悪い天秤のように正と負の間でグラグラとした
感情を僕に抱かせる。そしてロスタイム、大黒のゴールによる劇的な正の電撃で僕らは
打ちのめされた。この言いようのない感情は、危なげな電流を楽しみながらも
浴び続けたからこその賜物だということは疑いようが無い。

だから、僕は気になった。
北朝鮮では試合をリアルタイムでは流さずに、試合に「勝ったとき」か
「引き分けたとき」のみ録画したものを放映する、という事実について。
勝利した側である日本人の僕が言っても説得力がないのかもしれないけど、
その事実は明らかにスポーツを結果でしか見ていない寂しい事実だと言える。
負け試合は放映すらされない。それは北朝鮮選手の90分間を無にする行為じゃないかな。
負け試合を見たくないという気持ちは非常によく分かるけど、試合中に北朝鮮の
選手が感じていた正と負の電流を、観戦者が12人目の選手となって一緒に
感じることが出来たなら、選手にも観戦者にももっと違う感情が生まれると思う。
北朝鮮、改善すべき点はいろいろあるのかもしれないけどまずは
こういうところの考え方から改めていったらいいのになぁ、と独り言のように思う。
posted by jun & しおん at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。