2006年03月13日

結婚しました〜人前式編〜 /jun

入場のBGMはミスチルの「口笛」のピアノインストゥルメンタル。
なるべくゆっくり歩を進めながら、友達や親族から花を一輪ずつ
受け取って集めていく。そして最後に母から10輪目の花を受け取り、
紐で束ねる。ちょっと焦ったけど、なんとか束ねられたかな。
これで、ブーケが完成した。

振り向くと、彼女がお義父さんと一緒に歩いてくる。
僕はその前に立ち、お義父さんに礼。そして彼女の前にブーケを差し出す。
ここで例の王子様ポーズ。つ、つらい…。

さて、「ここでプロポーズをしてください」と司会の人に言われていた。
なんて言おうかずっと考えてたけど思いつかなかったので、その場の
雰囲気に任せることにしていた。で、勢い任せで言葉を発した。
そして彼女はブーケを受け取り、プロポーズに対してOKであれば
ブーケから一本花を抜いて新郎の胸に差す。
これがブーケ・ブートニアの儀式というものだ。

しかしここでちょっと失敗。10本集めた花の中で実はどれが
ブートニアかは決まっていて(母から受け取った花)、その花にのみ
リボンがついている。彼女がそれにすぐ気付くように新郎は
リボンのついた方を彼女に向けてブーケを差し出す予定だったのだが、
頭が真っ白だった新郎は向きなど考えず適当に新婦に差し出してしまった。
おかげで彼女はなかなかブートニアを探せず。
あぁ〜ごめんなさい〜と思いながらひたすらに王子様ポーズで
足をプルプルさせていたら、ようやく彼女がブートニアを見つけて
僕の胸に差してくれた。急いで立ち上がりました。あぁ楽になった。

そこからは二人並んでバージンロードを歩き、祭壇の前へ。
ここからのBGMはミスチルの「and I love you」。
二人で考えた誓いの言葉を声を合わせて読み上げる。
そして指輪の交換。実はリハの時指輪をはめようと思ったら
きつくてはまらなかったり、入ったと思ったら抜けなくなって
非常に焦ったのだが、本番では何とかスムーズに行った。
それからヴェールアップして、ウェディングキス。彼女の希望で、
頬にしました。そして宣誓書にサインしたのち、みなさんに
ベルで承認してもらって退場。退場の曲は「君が好き」でした。

控え室に帰って、ようやく一息つけた感じ。
正直、式の間はみなさんの顔などまともに見えませんでした。緊張で。
彼女は入場した辺りからもう泣いてましたね。
さて、もうすぐ披露宴。ようやく難しい式を終えた新郎も、
今度はスピーチの事で頭がいっぱいです…。続く。
posted by jun & しおん at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。