2006年03月13日

結婚しました〜準備編〜 /jun

昨日3月12日、結婚式を挙げました。
場所は渋谷のレストラン、レガート

6時半起床。その前の晩、彼女は実家に泊まっているので僕一人での朝。
まずはシャワーを浴びてから着替え。髭剃り。肌のケア。
彼女に「結婚式の日だけは、ちゃんと朝ごはん食べてね!」と
言われていたので言いつけを守ってロールパンを3個ほど食す。
その後は一人、スピーチの練習。そして出発。

天気が非常に心配だったが、まぁまぁの良い天気だ。安心した。
9時20分頃、式場のレストランに到着。が、自動ドアが開かない。
何度もドアの前に立ったり退いてみたり、センサーに手をかざしたり
ジャンプしてみたりするが開かない。
式場に電話してみよう、と思い立つが式場の電話番号が分からず。
彼女に電話しようかと考えるがメイク中だろうな、と思って中止。
これは困った、いきなり前途多難、新郎式場に入れず。
そんなふうにして10分ほど悩んでいたらいきなり自動ドアが開いた。
どうやら9時30分になってやっと動作する仕組みだったらしい。
安堵のため息をついて中へ。そしてエレベーターで15Fへ。

着くと、ウェディングプランナーの佐藤さん(女性)が待っていて
案内してくれた。控え室でメイク中の彼女と会う。
おぉ、髪がくるくるだ。そして、お義父さんとお義母さんにご挨拶。
その後、新郎暇になる。やる事なくて式場内をウロウロ。
受付のあたりを「ふーん」と眺めていたら彼女の親族らしき夫婦が
やってきて、「あのー、今日こちらで結婚式が…」と話しかけられたので
「あ、新郎のjunです」と答えたらビックリして挨拶してくれた。
そして中へ案内してあげた。俺はスタッフか?

時間が近付いてきたので新郎も着替え。5分で完了。
その後スタッフとスライドのチェックをしたり、テーブルの配置について
聞かれたり、思いのほか多く届いていた祝電のどれを読むかを
考えたり、司会の人と打ち合わせをしたり。
あらら、だんだん忙しくなってきたぞ。

彼女の着替え、メイクも完了。親族もだいたい集まって、
写真撮影タイムがしばらく続く。カメラマンに立ち位置とか
表情とか指示されるが、これがかなり大変。汗かいてきた。

式の30分前。プランナー、司会を交えて最初で最後の式リハーサル。
僕らはブーケブートニアの儀式というのを行なう。
その中で花を紐で纏める作業があるのだが、これがうまくいかない。
更に、彼女に向かって「王子様ポーズ」というのをするのだが
これもなかなか大変なポーズで足がプルプルする。
そうやって式の進行をサーッと流し、「こんな感じでお願いします」と
司会に言われて終了。控え室へ。
けっこう難しいじゃねぇか…。アレの後、コレをやって…、
あぁ、これ考えてたら今度はスピーチ内容忘れそうだ。
そんな面持ちのまま、いよいよ式の開始時間が迫る。
彼女とともにスタンバイ。
司会がベルの説明やら花の説明やらをしているのが聞こえてくる。
やがて入場の合図がされ、BGMが鳴り始める。頭は真っ白。だけど、
背中を押されるように僕は足を踏み出した。続く。
posted by jun & しおん at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14762337

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。