2006年02月12日

名前をつけよう〜MOTHER2プレイ日記 /jun

「MOTHER3」が4/20に発売する。
それまでに、もう一度歩いてみようかな、あの世界を。
そんな思いから、GBA版の「MOTHER2」を再びプレイし始めました。

電源を入れ、タイトル画面でスタートボタンを押した後、このゲームでは
「主人公に名前をつけてください」と指示が出る。多くのRPGがそうだけど。

僕は野球帽をかぶり、リュックを背負った少年に「ジュン」と名付けた。
多くのRPGは主人公に名前をつけて終わりだけど、たまに仲間の名前も
自分で決められるRPGもある。「MOTHER」シリーズはまさにそれだ。

大きなリボンをつけた女の子は「ポーラ」、メガネをかけた頭の良さそうな少年は
「ジェフ」、もうひとり、武道の得意そうな少年は「プー」という名前。
いつもは身近な友達の名前をつけたりするんだけど、今回はゲームで決められた名前
そのままでいくことにした。なんとなく、その方がこの世界に移入できる気がしたからだ。

多くのRPGは主人公と、仲間に名前をつけて終わりだ。ほとんどのRPGがそうだ。
ところがこの「MOTHER2」はここで終わらない。
なんとこのあと、犬の名前をつけるように言ってくる。
犬の名前なんか何に使うんだよ、と初めてプレイした時は思ったもんだ。
僕は今回、やっぱりデフォルトの「チビ」という名前にした。

しかしそれでもまだこのゲームでの名前付けは終わらない。
なんとこのあとは、好きな食べ物を入力するように言ってくる。
好きな食べ物なんか聞いてどうするんだよ、と初めてプレイした時は思ったもんだ。
僕は今回、「ギョウザ」にした。ギョウザ大好きだからだ。ニンニクたっぷりがいい。

いやはや、それでもまだこのゲームでの名前付けは終わらない。
このゲームときたら今度は「カッコイイと思うもの」を入力するように言ってくる。
なんだよその曖昧な質問は、と初めてプレイした時は思ったもんだ。
確か昔は「ミスチル」と入れた気がする。今回僕は「カルマ」と入れた。
バンプのカルマという曲が非常にカッコイイからだ。

これにてようやく修了しました、名前付け。
本当に珍しいゲームだ。これほどまでに入力部分の多いRPGもあまりない。
さて、このように名前をつけて僕のMOTHER2は始まった。
続くかは分からないけど、とりあえず日記として残してみます。
それくらい、心に残るRPGであることを僕は知ってるから。
posted by jun & しおん at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。