2006年02月05日

「DEATH NOTE」10巻発売 /jun

2部に入って以降、ますます話が難しくなってきている気がしますが、
相変わらず面白いです。漫画の中の空気が四六時中張り詰めていて、
なんか読んでる方もラクに呼吸ができない感じ。

不思議な漫画です。誰を応援してるんだか、自分で分からなくなる。
キラなのか、ニアなのか、はたまた「1番になれない辛さ」に同情してメロなのか。
とにかく、幾つもの勢力がジワジワとせめぎ合う展開には唾を飲みっぱなし。

どんなエンディングになるんでしょう。
終りが見たいけど、終わって欲しくないなー。

Death note(10)
posted by jun & しおん at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12762929

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。