2005年05月31日

ミーティングデート /jun

夜から彼女と待ち合わせ、デート…というより打ち合わせ。
池袋の「れんま」という店で食事。なかなか(゚д゚)ウマーかったです。
雰囲気が良かったな。照明の使い方とかが綺麗で。
カップルシートもなかなか居心地が良かったです。

彼女が既にいろんな式場に資料請求していたので、それを見せてもらう。
すげーいっぱい資料請求したな…はりきってくれていて嬉しいが。
それにしても、うーむ、レストランウェディングでも、
それなりの金額はかかるんだな。資料の価格表を見てそう思った。
そんなふうに金額と、場所と雰囲気を考慮してなんとか場所を二つか三つに絞る。
その後、式に呼ぶ具体的なゲストの選定や式のコンセプト、イメージカラー、
式でやりたいことなどを二人で話し合う。案をぶつけ合う。
なんか楽しいなコレ(・∀・)

これから楽しいだけじゃ済まないだろうな、って事は分かってるんだけど
苦労するために結婚するんじゃないんだから、
精一杯楽しみながらやらないと損だよな、と思いながらいろいろがんばってみます。
posted by jun & しおん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月26日

僕と彼女をイラストに /jun

結婚式に使うアイテムで手作りできるものは手作りしたい、と彼女が言っていた。
それで何かに使えるかな?と思って、というか趣味で
僕と彼女をイラスト化してみた。似てないけど…_| ̄|○
それを彼女に言ったら
「素直に嬉しい!見せて!」
というのでサイズ縮めて携帯に送ったら
「ちょーー可愛い!待受にしちゃった♪
junくんの絵、ちゃんと見たことなかったけどほんと上手だね」
と褒めてもらったので(∀`*)ゞイヤァ となっている僕です。
「絶対結婚式で使いたいから、待受画面友達に見られないようにしなきゃ」と言っていた。
待受にされたり実際結婚式で使ったりするのはちょっと恥ずかしくもあるのだけど、
まぁ喜んでもらえて良かった。ていうか引かれなくて良かった。
結婚式のどこで使うかな…。
posted by jun & しおん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

インドネシアとドリアンとバースデー /jun

仲間のバースデーをサプライズで祝うことが恒例となってきた今日この頃。
本日もそのイベントの為に4人新宿で待ち合わせた(本人にバレてる可能性は無視)。

まずは昼飯。ここで仲間の一人が個人的にバースデープレゼントを渡していたのは
ナイスだと思った。これでお祝いは済んだと本人に思わせることができた(希望的観測)。
その後カラオケ、そして晩飯は「ジュンバタンメラ」というインドネシア料理の店へ。
不可思議な雰囲気の店だ。店内の巨大スクリーンには
天下一武道会の会場みたいなところでインドネシア人が延々と踊り続けている。
インドネシア人は日常こういうTV番組を見て爆笑とかしているんだろうか…(偏見)。
料理を頼み、さぁ食うぞと思ってたら料理が来る前にバースデー用のケーキが運ばれてきた。
その際店員がテーブルの上のものをガシャガシャと倒していた。俺がサプライズ。
数人のインドネシア人がぎこちなく「ハッピーバースデー」を合唱。
正直歌というより経文っぽかったが…。

お祝いムードはちょっと薄かったかもしれないけど、
とりあえずその後もドリアンなど食しながら楽しく過ごせたので無問題。
つーかもうぶっちゃけサプライズ企画は無理だって。
posted by jun & しおん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月21日

父へ報告 /jun

式にはやっぱり親父も呼ばないとな。来たがらないかもしれないけど、
一応報告はしとかないとな、というわけで父の経営するラーメン屋に電話。
そういや会話すんの何年ぶりかな…。

「この番号は現在使われておりません」

エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?
もしかして潰れたのか?と焦りつつ妹にメールして親父の連絡先を知ってるか聞いてみる。
「じゃあもう一つの店の方にいるんじゃない?」と電話番号を教えてくれた。
そっか、もう一つ店あったのか。さっそくかけてみる。
「はい、○○麺店です」若い男の声だ。
「えーと…junといいますが、マスターいますか?」
「少々お待ちください」
しばらくして、親父に代わった。声を聞くまで親父の声って忘れてたが、
いざ電話に出たらすぐ親父の声だと分かった。ちょっとビックリしてたようだった。
どうやらけっこう心配していたらしい。俺も母も妹も引っ越しちゃったし、
みんなの携帯番号も知らなかったから連絡しようがなかったらしい。
そうだったか…ちょっとかわいそうだったな。
で、とりあえず結婚の報告をして、式に来るかと聞いたら
行きたいと言っていたので呼ぶことにした。
向こうも仕事中だろうからひとまず今日は手短に用件を話して電話を切る。
切ってから改めて思ったが、こっちから全然連絡をしてなかったことに、ちょっと罪悪感。
posted by jun & しおん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月17日

ウェディングイメージ具体化 /jun

来月彼女のご両親に会う前に、何より僕と彼女二人の
意思を疎通させておく必要があるわけで。
プロポーズ以来、面と向かって詳しく結婚について話し合うのは初なので
妙に緊張したが、食後に「どうする?」と話を切り出してみる。
とりあえず彼女の希望を聞いてみると、思ったより具体的に話をしてくれた。

それで分かったことは、彼女はとりあえず式、披露宴ぽいものはやりたいということ。
和式は嫌で、チャペル式もいいけど人前式をやってみたいということ。
披露宴もかしこまったホテルウェディングみたいなものは嫌なので、
レストランとかでアットホームにやりたいということ。
暑い季節や寒い季節はやっぱりやりにくいので、春か秋あたりに式を挙げたいということ。
というわけで、来年春くらいに結婚しようという話になる。
で、僕が確実に休日である日曜日で一応六耀というものを考えると
3/12がいいかな?と、とりあえずの日取りが決まる。
「誰呼ぶか考えといてね」と言われた。
彼女曰く「うちは親戚だけで40人はいるなー」。マジか。
俺は親族と仕事関係と友達かき集めてもそんなにいないぞきっと_| ̄|○
posted by jun & しおん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月13日

ライブチケット当選×2 /jun

昨夜いつものように何気なくPCのメールチェックをしていたら、
驚くべき内容のメールが2通届いていた。

・プレリザーブ結果通知[SOPHIA]:チケット取れました
・[ap bank fes'05]当選のご案内

…なんだって!?なんだこのダブル当選のご通知は!
そういや1週間ほど前に、チケットぴあからSOPHIAとBANK BANDの
プレリザーブ(優先予約)の申し込み開始の知らせが来てたから、
ダメ元というか軽い気持ちで申し込んでおいたんだった。
それが二つとも当選するとは…一人部屋で「ぎゃあ」と声をあげて驚いてしまった。

SOPHIAのライブは8月の日曜日、西武ドームにて。まだまだ先だな。
チケットは2枚ずつ取ってあったので誰と行くかが問題だったが、
僕の周りにSOPHIAファンと呼べるのは一人しか思いつかなかったので誘ってみたら
案の定食い付いてきた。てなわけでSOPHIAの古い曲なども予習しておけよ、しおん。
ちなみにね、アリーナ席の6列目でした!これってすごいんじゃないの?すごくないの?

さて、当選したはいいが本気で困ってしまったのがもうひとつのap bankフェスのほうだ。
http://www.apbank.jp/fes05/index2.html
このフェスは桜井和寿と小林武史率いるBANK BANDに加え、
MR.CHILDRENとしても出演する野外ライブイベントでありめちゃくちゃ楽しみなのだが、
困ってしまったのは場所と日程である。会場は、静岡掛川市のつま恋というリゾート広場。
遠い。新幹線を使っておそらく3時間弱、交通費も片道7〜8000円かかる。
それに加え僕が当選した日は7/18の月曜祝日、海の日。要するに翌日は仕事である。
このフェスは7/16〜7/18の3日間開催されているもので、実は僕は第一希望7/17(日)、
第二希望7/16(土)、第三希望7/18(月)という形で申し込んでいて、
見事第三希望が当たってしまったというわけだ。一応彼女がすごく行きたがっていたので
誘ってみたが「月曜は仕事休めないので無理」とのこと。そうだよな…。
で、今度は会社の後輩にこの話をしてみることにした。会社には仲の良い
ミスチルファンの後輩がいて、ミスチルライブに行ったことないって言うから
「今度チケット取れたら誘うよ」と以前に話したことがあったので、
「日程厳しいけど、一緒に行く?」って誘ったら
「行きます!車で行けばいいんじゃないですか?僕運転しますよ!」と
激しく喜んで食い付いてきた。そうか、車ならまだ気持ち的にラクかもしれない。
何より後輩のこの喜びよう。せっかく当たったチケットだがオークションにでも出して
一儲けするかな、とかも考えていたがそいつはやめる事にしよう。
てなわけで7月に後輩とap bankフェスへ、8月にしおんとSOPHIAライブへ行ってまいります。
posted by jun & しおん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月07日

婚約報告 /jun

結婚の話が本格化してきたことで、僕も自分の親にちゃんと話をしないといけないな、
というわけで休日出勤を終えてから夕方、千葉の実家へ。

今日は妹もそこにいて、二人に結婚することを報告。別に驚かれたりはしなかった。
で、今僕が不安に思ってることを素直に話してみたりもした。
親に相談事をするなんて何年ぶりだろうな、と感じた。
それで悩みが解決したわけではないのだけど、とりあえず今日は婚約した旨を
報告することが目的だったのでもう帰ろうかなーと思ったんだけど、話の成り行きで
近くの居酒屋に妹と飲みに行く事になってしまった。それも、妹の彼氏も一緒に。
駅への通り道にあるというので、妹と二人で徒歩で向かう。
僕は妹に「おにい」と呼ばれているのだけど、そうやって歩いていると妹が
「おにい、背が縮んだ気がする」と言ってきた。
うるせーな伸びてないだけだよ…_| ̄|○

連れて行かれたのは、夫婦でやってるようなとても小さな居酒屋。
つい最近まで妹はここでバイトしていたらしい。客もほとんどが常連らしく、
みんな妹が僕を連れてきたことでその場は異様に盛り上がった。
「似てないねー、あ、でも目が似てるかな?」
「なんかおにいちゃんていうより、弟みたいだよねー」
どいつもこいつも…_| ̄|○

そこに妹の彼氏もいて、軽く挨拶をした。27歳と言っていたが…かなり老けてないか?
まぁ別に悪い印象は抱かなかった。そんなに話したわけじゃないけど。
一杯だけ飲んだビールは店の奥さんの奢りだったんだけど、
帰り際一応妹に多めにお金を渡して一人店を出てきた。
ていうか終電なくなりそうだったからな…。
でもまぁ、なんとなく妹の生活って未知だったんだけど色んな人に
仲良くしてもらってるような雰囲気を垣間見ることができたので今日は少し安心した。

さて次回は、ちゃんと結婚するという意志の元にもう一度彼女を連れてこないとな。
posted by jun & しおん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月05日

挨拶へ行かなきゃ… /jun

プロポーズはしてみたものの、これから何をどうしたらいいんだろう。
早くも途方に暮れながら、とりあえずゼクシィnetを見てみる。

結婚式への段取りの第一段階としては…なるほど、双方の両親への挨拶か。
そういや僕は彼女の家族には一度も会ったことないんだよな。
できればもっと早くから親しくなっておきたかったな、彼女のご両親とは。
そんな面持ちで、とりあえず彼女にメール。
「やっぱり、何はともあれまずは挨拶に行かないと」

ほどなく彼女から返信が来る。
「うん、さっき親に『結婚する』って報告した。
そしたら勝手に式の日取りとか場所まで決められそうになった」

何ィ!?いきなり結婚の話から入ったのか!
しかもご両親やる気満々か!
続いて彼女からのメール。
「とりあえず6/5の日曜日、うちに来れる?私も仕事休むから。
その場でこれからの段取りとか詳しく決める事になりそう」

…かなり本気の話し合いになりそうだ。
いや本気なのはもちろん構わないんだけど、おそらくその場でご両親は
僕の家庭事情やら貯金やらについても聞いてくると思う。
そういうことに関して、ご両親のご期待に副えるような返答ができないだろうから、
今僕は憂鬱になっている。本当に憂鬱になっている。

結婚に反対、とまではいかないだろうけど…なんか怖くなってきた。
スーツも新調した方がいいかな。
posted by jun & しおん at 23:59| Comment(5) | TrackBack(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月04日

エンゲージ・リング /jun

今日は彼女と渋谷・原宿へ買い物へ。主に彼女の服選びに付き合うことになる。
ただ彼女についていくだけってのも退屈なので自分でも彼女に似合いそうな
服を探してみる。そこで男としてはちょっとセクシー系の服を薦めてみるわけだが
「それ持ってるよ、着たことないけど」
着ろよ_| ̄|○

ひととおり買い物が落ち着いた頃、そういえばという感じで思いついたので聞いてみる。
「指輪は?今から見に行ってみる?」

指輪とは言わずもがな、婚約指輪のことだ。昔は、ロマンチックなムードの
レストランでどこからともなく取り出した小箱を彼女に渡して
「嬉しいっ、何かしら?」と開けたらそこにはダイヤがキラーンて光ってて、
「これって…」と彼女が問いかけたところでプロポーズ、ってなシチュエーションが
流行ってたんだかどうだかは知らないが、実際そんなのやっても
男が勝手に選んだ指輪なんてセンス悪いかもしんないしサイズ合わないかもだし、
彼女も彼女で「何かしら?」なんて言いつつも頭じゃ婚約指輪だと分かっていて
白々しく演技するんだろうから、そういうのは避けた。
そういう話を昨日のプロポーズ時も彼女と話してて、
結局「あとで一緒に見に行こう」ってことになっていた。

で今から見に行こうかと誘ったわけだが、彼女はしばしウーンと悩んだのち、
パッと薬指を見せてこう言った。
「これがあるからいいよ。」
彼女が薬指にはめていたのは、去年の彼女の誕生日だかに
僕がプレゼントしたちょっと高めの指輪(ダイヤも入ってる)。
婚約指輪はこれで十分だから、その代わり別のところでお金をかけようってことらしい。
こういう人でつくづく幸せだよ俺は。

そんな会話ののち、腹が減ってきたのでなぜか二人
ふらんす亭で肉を食べて満腹になったところでそれぞれ帰宅。
さて、これから忙しくなりそうだな…。
posted by jun & しおん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月03日

プロポーズ /jun

3年半付き合ってきた彼女に、プロポーズをしました。
その過程を今日は綴らせてください。

午前中、池袋で彼女と待ち合わせ。
行きたい場所は幾つかあったのだけど、僕個人的に最近実家に顔を出してなくて
他に行ける日がなかったので、今日彼女に付き合ってもらって一緒に千葉の実家へ。

そういや彼女とうちの親がちゃんと顔を合わせるのは初めてだ。
彼女は少なからず緊張していたかもしれない。
けど実家にいた犬2匹と猫1匹がその場のムードを和ませてくれた気がする。
適当に挨拶と雑談を交わして、僕らは実家をあとにする。

今晩泊まる予定で予約をとってあるホテルにチェックインして、
部屋でゴロゴロ過ごした後、夕方再び外出。

行き着いた場所はディズニーシー。
一ヶ月くらい前から決めていた、ここが僕の決戦の地だ。アフター6パスポートで入園。
まずは腹ごしらえをして、その後シー内をブラブラ一周。
特に何かアトラクションに乗るわけではない。
大体のアトラクションは以前来た時に体験済みなので無問題。
20時になり、中央でブラヴィッシーモというショーが行なわれる。
とりあえずこれが見たかった。が、風のため途中で終了。消化不良だな…。

そのあとまた適当にブラブラして、閉園時間が近くなってきた頃。
中央の海を眺める形でしばし雑談。そして会話が途切れた時。
改めて名前を呼んで、結婚の意志を伝えた。
彼女はキョトンとしていた気がする。
プロポーズの言葉は、変にひねって肝心の意図を気付かれないとカッコ悪いので
ストレートに言うべきだ!の持論に基づいて結構ストレートに言ったつもりなのに
キョトンとされてしまって、僕は若干焦る。
「いや、だからその、あの、つまりね」とアタフタ説明を始める僕に微笑んで彼女が
「はい。ありがとう、うれしい」とようやく言ってくれた。
どうやらビックリしただけらしい。前触れ無く言ったからな。
もう一度「OK?」と確認する僕に「うん」と頷いてくれた。

シーからの帰り道、軽く「まだ結婚は早いなーとか思ってなかった?」と聞いてみたら、
「今が一番結婚したい時期だった。もっと待たされていたら嫌だったと思う」と
なかなかヒヤヒヤするお答え…。ともあれプロポーズ成功。良かったです。
posted by jun & しおん at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月02日

『痴漢男』 /jun

『電車男』の二番煎じといわれても仕方ないくらい、
様式はそっくりなこの『痴漢男』
だがストーリーそのものは大分異なっていて、それなりに面白く読んでしまった。

痴漢に間違えられた男、痴漢男。
ひきこもり気味なオタク青年が恋愛を成就する物語…
という大筋は電車男と同じだが、ディテールはかなり異なる。
端的に言うと、痴漢男は電車男より自ら突っ走るタイプで、事あるごとに暴走して
失敗を招いている。その点電車男よりドラマ性に起伏があると言えるかもしれない。
そして、対象相手となる女の子が3人。痴漢男が結局誰とくっつくのか、それとも誰とも
くっつくことができないのか、その辺で電車男になかったスリルを味わうことが出来る。
更に、かなりエロい描写も。
正直、痴漢男の立場が羨ましくなった場面もありました…。

結末がちょっとアレかな、とも思わされるがこの本は何というか、
痴漢男の書く文章が面白くて良い。
電車男の書き込みはちょっとあどけない感じがあってそれはそれで良かったが、
痴漢男の書き込みは単純に笑える。文章上手いなぁと思う。

結局、一気に読んじゃいました。
オススメ度:★★★★☆
posted by jun & しおん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月01日

カラオケ録音 /jun

夜、地元に戻って中学時代からの友達と会う。
居酒屋で飲んだ後カラオケに行ったんだけど、そこのカラオケにはCD-Rに
自分達の歌を録音する機能がついていました。面白そうなのでやってみましたよ。
74分間録音できるんだからけっこうなもんだ。ちなみに僕が歌って録音したのは以下の曲。
一応得意な歌を入れておくべきだなと思ったわけだが…

1.ゴキゲン鳥 /SOPHIA
2.youthful days /Mr.Children
3.花葬 /L'Arc〜en〜Ciel
4.ハイブリッドレインボウ /BUMP OF CHICKEN
5.せめて未来だけは… /SOPHIA
6.New World /L'Arc〜en〜Ciel
7.ストレンジカメレオン /Mr.Children
8."good-morning Hide" /L'Arc〜en〜Ciel

帰りの車の中で聴いてみたんですが、思いのほか音が良くてビックリ。
もっと雑音みたいのが入るのかと思ってたけど、全然クリア。普通のCDみたい。

で自分の歌をこうして改めて聴いてみたわけですが、やっぱり僕が得意なのは
SOPHIAっぽいです。特に「せめて未来だけは…」はすげーいい出来だ!我ながら。

とにかくキレイに聞こえたので僕と友達、二人してCD録音ハマってしまいました。
コイツと会うたびオリジナルCDが増えていきそうです。
posted by jun & しおん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。